投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. B級・へなちょこ・ネタ写真公開スレ(32)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


『ウルトラセブン』再Blu-ray BOX化!!しかし・・・

 投稿者:義行  投稿日:2017年 6月15日(木)15時47分36秒 softbank126036087014.bbtec.net
返信・引用
  『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』の再Blu-ray BOX化がされます、しかし『セブン』は今回も第12話「遊星より愛をこめて」が収録されなかったんですね、悲しい限りです、次回予告に関しては原盤が現存していない為、収録出来ない事は仕方が無いのですが、第12話の本編自体の原盤は現存しているハズですので諦めきれません、第12話が欠番となった1970年当時の社会情勢を21世紀の現在まで引きずらなくても良いのではないかと思えてなりません、第12話はセブンことモロボシ・ダンの秘密が明らかになる重要な回でもあります、それが無くては『セブン』は整合性ゼロになってしまいます、円谷プロダクション側も現状を変える事をして頂きたいですね・・・。  
    (管理人) 義行さん
いつもありがとうございます.「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」のBlu-rayが再版されるのですね.
そしてセブンの12話は相変わらずお蔵のままと…
たしかに残念ですね.内容的にもそんなに問題があるとも思えないし(というか,多少問題表現があっても
現代なら”現代の視点では問題のある表現もありますが,当時の世相を云々”で普通に出回ってますから
お蔵入りさせたままの理由にはならないですよね.
法的に規制されたものなら,法的に解除させる手もありますが,あくまでも自主規制なのがやっかいです.
いっそ,シリーズの権利が第三者に渡るのを待つしかないのかなどとも思ってしまいます.
 

追悼、ペギー葉山さん...。

 投稿者:義行  投稿日:2017年 4月12日(水)22時53分42秒 softbank126116211192.bbtec.net
返信・引用
  『ウルトラマンタロウ』でウルトラの母の人間体を演じたペギー葉山さんが肺炎の為永眠しました、83歳でした、思えば11年前に昭和のウルトラシリーズの正統続編の『ウルトラマンメビウス』を製作して過去の主要キャストをゲスト出演させたのは正解でしたね、『メビウス』で残念だったのは東光太郎役の篠田三郎さんとユリアンの人間体の萩原佐代子さんが出演出来なかった事ですね、『メビウス』を最後に正統なウルトラシリーズのTVシリーズが製作されなくなった事が残念ですね、製作会社の円谷プロダクションが混乱状態に陥ってしまっている事もありますが...、ですが11年前に昭和のウルトラシリーズの正統続編の『メビウス』を製作したのは英断と言えます、ペギー葉山さんのご冥福をお祈りします...。  
    (管理人) 義行さん,いつもありがとうございます.
ペギー葉山さん(緑のおばさん)の訃報,とても残念でしたね.
メビウスは実は私はその存在をかなり後になるまで知りませんでした.
ある時知人に昭和ウルトラマンのオマージュ的作品としてメビウスがあるよと教えられ,レンタルで観た次第でした.
優れた作品だと思いました.「怪獣使いの少年」の後日譚などもありましたし.
これからも折に触れ見ていきたいです.
 

最後の望み...。

 投稿者:義行  投稿日:2017年 1月12日(木)18時20分13秒 softbank126047108236.bbtec.net
返信・引用
  義行です、今年も宜しくお願いします、今年は『ウルトラセブン』生誕50周年ですね、この50年の間にVHS、LD、DVD、Blu-rayと映像ソフト化されて来ましたが1970年10月以降に第12話「遊星より愛をこめて」が欠番となり以後、47年間ソフト化されなかったのは残念でなりませんでした、2015年にBlu-rayを上回る映像メディアの4K Ultra HDが発表されましたが10年先に普及する事を考えたら今度こそ第12話を収録して欲しいと思うのがファンの願いでもありますね、次回予告編に関しては前作の『ウルトラマン』同様、現存していない為、映像ソフトに収録出来ないのは仕方がないのですが第12話の本編自体は現存しているはずですので諦めきれません、制作会社の円谷プロダクション側には解決して頂きたい問題ですね...。  
    (管理人) 義行さん
返信が遅くなってしまい申し訳ございません.こちらこそ今年もよろしくお願いします.
そうそう,今年はウルトラセブン50周年ですね,ほぼ自分の実年齢なので感慨もひとしおです.
第12話,法的な処置なら法的に解除を目指すことも可能ですが,権利者側の自主規制である
だけに解決がやっかいだと感じます.
ところで昨年の夏ごろにYoutube上に12話がアップされていました(今は削除されてしまってます).
映像を持っている人間は世界中に存在しますから,今後もちらちらと出てくるかもしれません.
 

ウルトラマンA、Blu-ray化!!

 投稿者:義行  投稿日:2016年 5月19日(木)17時25分45秒 softbank126120153181.bbtec.net
返信・引用
  義行です、再度投稿します、Amazonの更新を確認しましたがウルトラマンAがBlu-ray化します、今年の秋に発売予定です、昭和のウルトラシリーズ全てが1日も早くBlu-ray化して欲しいですね、残るはタロウ、レオ、80の3作品ですね、くどい様ですがウルトラセブンがBlu-ray化する際、1970年に欠番となった第12話が収録されなかったのが残念でなりません、初代マンとセブンの次回予告編に関しては原盤の損傷が著しく収録は困難なのは仕方が無いのですが、今年の4月に熊本で震災が起きましたが関東地方もいつ震災に遭うか分かりません、過去の特撮ヒーロー番組の原盤を損失しない為の対策をして欲しいと思います、私も被災地の熊本に微々たるではありますが義援金を送りました、1日も早い復興を祈ります。  
    (管理人) 義行さん
いつもありがとうございます.ウルトラマンAのBlu-ray化ですか.
今後は主だったソフトはみなそうなっていくでしょうね(会社側にしてもそうして新しい需要を掘り起こしたいでしょうし).
ウルトラセブンの12話は本当にどうにかしてほしですね.法的に規制されたとかであれば
訴訟で公開させる手もありますが,あくまで自主規制の形になっているため余計に厄介に思います.
関係者が1人もいなくなるまで無理なのか…
熊本の震災,私もできることをやっていきたいと思います.
 

日本に安全な場所はない!!

 投稿者:義行  投稿日:2016年 4月16日(土)16時40分13秒 softbank126120153181.bbtec.net
返信・引用
  管理人さんお久しぶりです、このサイトの話題としては不適切かもしれませんが言わせて下さい、4月14日に東日本大震災以来の地震が九州で起きました、自分は神奈川県に住んでいますので問題はありませんが九州の熊本県では犠牲者も出ていますので他人事とは思えませんでした、管理人さんは昔、東北に住んでいたとありましたが東日本大震災当時は安全な地域に在住していたのでしょうか!?しかし戦後、阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震と言った大災害が相次いで来ましたので日本の安全神話は崩れたと言っても良いでしょう、日本には安全な地域は無いですね、我々日本人が自ら災害対策をしなくてはならないですね、お互いに自分の身は自分で守らなくてはいけませんね、ジャンボーグAも含めて過去の特撮ヒーロー番組は大災害、大事件などで現在では放映出来なくなった作品もあります、現在放映されている特撮ヒーロー番組も路線変更を余儀無くされると思います、年々表現の自由に規制がかかっている様に思えます、九州に在住の方々に心中お悔み申し上げます・・・。  
    (管理人) 義行さん,いつもありがとうございます.本当に今回の熊本の地震,心が痛みます.
私は長い間東北に在住していましたが,2008年に関東に移ったので,
東日本大震災の時は被災はしませんでした(ただし実家は被災しましたが).
日本列島は有史以来数多くの地震や台風などに襲われている災害列島なので,
元々安全な場所なんてないんです.常に災害に脅かされ,その都度復興を繰り返してきた.
いつも諸外国から驚かれる災害時の秩序だった行動も,常に災害と隣り合わせに生きている
日本人の遺伝子に染みついている行動なのかもしれません.
特撮番組は日本の世相を映しますから,地震・津波は定番のテーマでしたね.
もちろん本物の災害発生時にはこうしたエピソードが放送されなくなることはありました
(東日本後の帰ってきたウルトラマンのシーモンストシーゴラスのエピソードなど).
ただ,ほとぼりが冷めるというのも日本人の特性なので,
しばらくすれば再びみられるようになるのもパターンではあります.
 

情報提供になれば良いのですが

 投稿者:義行  投稿日:2015年12月 1日(火)17時57分22秒 softbank126013033100.bbtec.net
返信・引用
  義行です、ウルトラマンAのコメントに対しての丁寧な対応有難う御座いました、来年の3月9日の話なんですがジャンボーグAのDVD-BOXが発売されます、前回のDVD-BOXはエイベックスから発売されましたが今回は東映ビデオの方からです、他にもミラーマン、ファイヤーマンも東映ビデオからDVD-BOXが発売されます、2011年以降、震災の地域を除く全ての都道府県でアナログ放送終了、地上デジタル放送対応になってからDVDよりも地上デジタル放送に対応出来ているBlu-rayが普及し始めて来ている今のご時世なのでBlu-ray BOXを発売して欲しかったですね、ジャンボーグAがBlu-ray化されるのは当分先の事なのだと言う事を考えると待ちくたびれてしまいますね、DVD-BOXでは無くBlu-ray BOXにして欲しかったです、ミラーマン、ファイヤーマンしかりです、まだ先の話なのか。  
    (管理人) 義行さん,いつもありがとうございます.返信が遅れまして申し訳ございません.この手の特撮作品は定期的に新しい版が発売されますが,今度は東映ビデオですか.
円谷プロというと東宝との関係が強そうなイメージなのでちょっと不思議です(キー局が毎日放送だから?).
なぜBlu-rayではなくDVDなのか,発売元の戦略なのでよくわからないんですが,これらのソフトがアナログ放送作品で,データ量も近年のデジタル作品に比べると圧倒的に少なく,Blu-rayにするまでもない,ということなんでしょうか.
いずれにせよ,こうした特撮系ソフトは発売されても売り切れたらそれでおしまいで,再版されるまで入手が困難になりますから,定期的に出てくるのはうれしいですね.
 

義行さんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2015年11月11日(水)09時18分57秒 ntkngw003249.kngw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  義行さん,いつも訪問&コメントいただきありがとうございます.
管理者返信だと文字数に引っかかってしまうため,改めて投稿いたします.

私も小学校時代にリアルタイムで見た作品が第2期でしたから,新マンからレオに至る4作品は思い入れは深いです.
ただ自分的にはAとタロウは光線技がカラフルで派手になり,ウルトラ兄弟の共演で賑やかになるなどの盛り上がりはあったので,
子供心には楽しめた作品でした.
ただ,大きくなってから見直すと,何か困ったことが起こるとすぐに兄弟が助けにやって来る形になり,
結果主人公であるAやタロウのひ弱さが目立つ展開になっていると感じました
(その反動で本放送時はあまり楽しめなかったレオの,特に終盤の円盤生物シリーズは大人になってからは一番好きなシリーズになっています).
南夕子の存在は異例でしたね.それまでウルトラシリーズの従来のヒロイン(セブンのアンヌや新マンのアキちゃん)は主人公のサポート役だったのに対して,
夕子はあくまでも主人公,しかも相方の北斗が頼りない(笑)だけに余計頼りがいのある存在に見えました.
今なら当たり前にみられる(男-頼りない,女-しっかり者)パターンの先駆的作品だったと感じるのは義行さんとおんなじです.
テコ入れによる路線変更は残念ですね.南夕子の降板は本人にも直前の通告だったようですので,
当時現場はかなり混乱したと思います.あと,どこかの媒体で,
2人変身だと子供がウルトラマンAごっこをやっていても,変身すると1人余ってしまうためというのがあったんですがどうなんでしょう.
路線変更というと裏番組の変身忍者嵐もAとの対抗上路線変更が強烈で,当初の血車化身忍者路線が消し飛んで,
おどろおどろしい西洋妖怪シリーズや巻物の争奪戦に変わったのを思い出します.
円谷と東映ががっぷり四つに組んでの勝負だったので,お互いに負けられないと必死だったんでしょうね.
ちなみに自分は当時岩手県に住んでいたためこの2つの番組は裏になっておらず,両方見ることができました(地方在住者の特権でしょうか 笑)
 

路線変更に不満!

 投稿者:義行  投稿日:2015年11月 7日(土)23時00分25秒 softbank126013033100.bbtec.net
返信・引用
  再度投稿します、自分はウルトラシリーズは帰ってきたウルトラマンからウルトラマンレオまでの第2期ウルトラシリーズが一番好きです、ウルトラマンAはウルトラシリーズ初の明確な敵組織の確立、主役男女の合体変身、過去のウルトラ兄弟の競演と新機軸を打ち立てたので前作の帰マンをスケールアップしたなと実感しました、番組前半は新機軸を活かした展開でしたが残念な事に裏番組に東映製作の特撮ヒーロー番組の変身忍者嵐があった影響で前作の帰マン以上に視聴率は低迷し路線変更を余儀無くされたのが残念でなりませんでした、路線変更で敵組織の異次元人ヤプールの退場、合体変身を無くして従来の1人での変身になってしまったので特に南夕子が退場となってしまったのは残念でなりません、自分は第1話から視聴していて南夕子目当てで見ていましたので北斗星司はどうでも良かったです、Aを初めて視聴したのは幼稚園の卒業間近の頃に再放送で視聴しました、南夕子が退場してしまったのは子供の頃に年上のお姉さんに憧れの気持ちがありましたのでガッカリしてしまいました、裏番組に変身忍者嵐があり視聴率競争をする上で路線変更したと思いますが自分としては最後までTACと異次元人ヤプールと超獣との攻防戦、北斗星司と南夕子の合体変身を最後まで貫いて欲しかったですね、視聴率が低迷したから路線変更するのも必要だとは思います、しかし最初に打ち出したテーマを最後まで貫く事も大切だと思います、南夕子の存在は80年代の女性の社会進出を先取りした様にも思えますので自分としては南夕子を番組から降ろして欲しくなかったです、管理人さんはAに対してどう思われているのか!?また意見が聞きたいですね、長文失礼致しました。  

日本一の特撮監督。

 投稿者:義行  投稿日:2015年 9月27日(日)23時27分52秒 softbank126013033100.bbtec.net
返信・引用
  義行です、再度投稿します、前回の書き込みではジャンボーグAの本編監督では東條昭平監督が本編監督の中で一番好きだと発言しましたが特撮監督では矢島信男特撮監督が一番好きですね、円谷プロだけでは無く東映でスーパー戦隊シリーズや宇宙刑事シリーズなども手掛けています、1965年に特撮研究所と言う会社を立ち上げ特撮研究所の現在の社員は佛田洋特撮監督と言った特撮監督が現在の東映特撮の特撮シーンを演出しています、東條監督が1980年のウルトラマン80終了後に東映で監督業を続ける事になりますが矢島特撮監督のツテで東映の吉川進プロデューサーを紹介してもらい1981年の太陽戦隊サンバルカンの第11話から監督を務める様になりました、東條監督と矢島特撮監督はミラーマンで知り合いました、それから現在に至るまで旧知の間柄になっています、矢島特撮監督はミラーマン、ジャンボーグA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオでもクオリティの高い特撮を見せてくれました、東映で戦隊や宇宙刑事の特撮パートでは更に進化した特撮演出になりました、現在では現場を退かれ弟子の佛田特撮監督らに特撮研究所の経営と現在の東映特撮の演出を任せています、昭和の戦隊や宇宙刑事では素晴らしい特撮を見せてくれましたのでこの方こそ日本一の特撮監督だと私の解釈ですが確信が持てました、昨年、矢島特撮監督の体験談の書籍が発刊されましたが私はまだ購入していないですね、Amazonで購入しようかな!?  
    (管理人) 義行さま 投稿ありがとうございます.返信が遅くなりまして申し訳ございません.
特撮監督というのは他のジャンルにはない存在なので興味深いですね.
その走りはもちろん円谷英二さんですが,戦後から昭和期にかけて次々と出てきた方々も魅力的です.
矢島信男さんですか,自分的にはジャイアントロボのイメージでしたが東條昭平さんとの関連もあったのですね.
世代的に戦隊シリーズは初期の作品しかなじみがなかったので,
昭和期最後の方の活躍はあまり存じておりませんでした.
現代ならCGで簡単に表現できるものを,当時の人達がいかにして見せるか試行錯誤していたか
そうした体験談は特撮ファンにはたまらないものですね.ぜひ購入して感想をお聞かせ願います
(それによって自分も購入したいので 笑).
 

封印状態の作品

 投稿者:義行  投稿日:2015年 8月26日(水)16時32分39秒 softbank126008252176.bbtec.net
返信・引用
  ウルトラシリーズの話題を書き込みたいと思います、言わせて下さい、昭和のウルトラシリーズではウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマンがBlu-ray化されましたがウルトラセブンは今回も第12話「遊星より愛をこめて」が収録されませんでした、帰マンが放映開始となる1971年4月の約1年前に欠番になりましたが、欠番にせざるを得なかったのは当時の社会事情によるものです、21世紀の現在では社会事情も変わりもう欠番にしなくても良いのではないかと思えてなりません、初代マンとセブンの予告編は現存していない為、映像ソフトに収録出来なのは仕方が無いのですがセブンの第12話の本編自体は現存しているはずですので諦めきれません、思えばジャンボーグAも封印状態になった回がありましたので、社会事情の変化で欠番にせざるを得ない作品や解禁になった作品もあります、一度、世に出た作品を封印するのはあってはならないと思います、セブンの第12話も含めて封印された作品が再び世に現れる事を願っています。  
    (管理人) 義行さん
コメントありがとうございます.スペル星人の回ですね.
自分は物心ついた最初の作品が帰ってきたウルトラマンの本放送なので,このセブン第12話は再放送でも見たことはありませんでした.
当時出ていたウルトラマン大百科に,「セブン第12話は欠番」とだけ出ていたので不思議に思った記憶があります(当時周囲にその辺の事情を教えてくれる人もいませんでしたし).
たしかに制作側に差別等の意識はなかったでしょうし,今でいう差別的な表現のある作品でも「放送当時の背景を鑑み…」等のコメント付きでそのまま出しているケースもありますからね.
ファンとしては封印が解かれてほしいと思っています.
 

再度投稿します。

 投稿者:義行  投稿日:2015年 7月31日(金)19時20分0秒 softbank126008252176.bbtec.net
返信・引用 編集済
  早速の返信有難う御座います、初めての書き込みでジャンボーグAとは関係の無い話題を持ち掛けましたが丁寧に対応して下さり感謝しています、ジャンボーグAでは私の好きな本編監督がいます、東條昭平監督ですね、後に東映特撮で活躍する事になるのですが、東條監督が演出した作品では帰ってきたウルトラマンの第33話「怪獣使いと少年」が一番印象に残っています、完成した時点でテレビ局で試写をした時に残酷描写がTBSのプロデューサーに受け入れられず撮り直しを余儀無くされます、TBSで問題視され東條監督はウルトラシリーズを干されミラーマン、ジャンボーグAで監督業を続ける事になります、第33話の脚本を務めた帰ってきたウルトラマンのメイン脚本家の上原正三氏も東條監督同様干され第33話以降は3本しか脚本を手掛けられませんでした、干された2人はのちに東映特撮の重鎮になるんですから皮肉ですね、私はリテイクする前の第33話をどうしても見たかったですね、東條監督は特撮監督も出来るのでウルトラマンタロウでは特撮監督のみ担当し続くウルトラマンレオで本編監督復帰となりました、厳しい監督で有名で役者やスタッフに恐れられていました、ミラーマンの主演の石田信之さんは東條監督の事を厳しかったけど大好きな監督と証言しています、最近のニュースで石田さんは余命何か月かの病に侵されていて長く生きられない事を知った時には愕然としました、ジャンボーグAのキャスト、スタッフもこれから亡くなっていく方が出て来る事を考えると仕方が無いとは言え残念な限りです、今思えばジャンボーグAは名スタッフの手で製作されたから現在まで続く人気作になったのだと思います。  
    (管理人) 義行さま

再度の訪問&コメントありがとうございます.
「怪獣使いと少年」,あれは強烈な作品でしたね.
東條昭平監督&上原正三脚本だったと思いますが,
よくあんな作品が子供番組枠で造れたなぁと今思うと感慨深いです
(もっともレインボーマンなど,昭和40年代はいまと違ってその辺の自由度は高かったです).
自分はリアル世代ですが,この「怪獣使いと少年」は
ウルトラマンやMATがほとんど活躍しない面白くない話といった印象でした.
あの時期はちょっと前の「悪魔と天使の間に」とか,
異色のエピソードが並んでいたと思います.
東條監督はウルトラマンレオで結構撮ってましたね
(アストラもののエピソードが多かった印象があります).
ミラーマンの石田さん,先日のニュースで久しぶりに拝見しましたが
雰囲気が40年前と変わってないですね.まだまだ活躍してほしいです.
 

初めまして。

 投稿者:義行  投稿日:2015年 7月29日(水)22時51分54秒 softbank126008252176.bbtec.net
返信・引用
  義行と言います、今年の11月で38歳になる独身男性です、ジャンボーグAは私が小学4年生の頃にミラーマン、ジャンボーグA、ファイヤーマンを全話網羅したムックを購入してムックを読んで設定に魅かれファンになりました、当時はビデオ、LDですらあまり普及していなかった時代でCSと言った衛星放送も無い、地上波で再放送すらやらない時代でした、同じ円谷プロのウルトラシリーズでは第2期ウルトラシリーズは地上波の再放送で視聴しましたが、ジャンボーグAが視聴出来ない代わりにロボットアニメでジャンボーグAを再現した作品が現れるのを願いました、1989年のサンライズ製作のTVアニメの獣神ライガーでした、原作は永井豪でしたがアニメにはほとんど関与していませんでしたね、ライガーの操縦システムがジャンボーグAそのまんまでしたのでパクったとしか言いようがありませんでした、ライガーのライバルとして設定された魔竜王ドルガが登場しますがドルガの操縦システムもジャンボーグAそのまんまでしたね、番組後半でドルガはライガーの味方になり最後の敵の邪神ドラゴを相手に善神アーガマに合体変身をします、ウルトラマンAの合体変身の反省を生かしたものでした、ジャンボーグAとは関係の無い話をしましたが管理人さんには是非、ライガーを視聴して欲しいと思います、DVDがレンタルで視聴出来ます、余談ですがライガーにはバトルスーツ隊と言う防衛組織も登場します、ウルトラシリーズとジャンボーグAをパクった感はありますが見応えのある作品です、また投稿します、どうぞ宜しくお願いします。  
    (管理人) こんばんは義行さま,このたびはご訪問&コメントありがとうございます.
同じ円谷作品でもミラーマン、ジャンボーグA、ファイヤーマンはたしかに
再放送の頻度が極めて少なかった印象があります.
思うにこれらの作品は第2次怪獣ブームの最後の方の作品なので,
本来なら再放送されるべき時期に世間の注目がロボットアニメや戦隊ものに
移ってしまったからなんではないかと想像しています(ウルトラシリーズは別格ということで).

獣神ライガーは名前程度しかしりませんでした.
名前のイメージからプロレスラーを連想しましたが,
元ネタはこのアニメの方だったんですね.
ヒーローものはたとえ新作でも製作者は必ず以前の作品の影響を受けていることが多いので
設定が似てくるのは仕方ないのかもしれませんね.
今度探して観てみます.

 

二度目の書き込み

 投稿者:だんだ 拓哉  投稿日:2015年 4月29日(水)01時32分11秒 softbank126045161025.bbtec.net
返信・引用
  ウユニ行けたのですね。いいなぁ。
いずれは、行きたいが高山病に耐えれるかな。クスコでアウトでしたから。
その頃、当方2月はアラスカでオーロラ観光してきました。
チナホットスプリングは面白いところでしたね。湯気が髪の毛、ひげ、眉毛、鼻毛に凍りつき、
じい様のようになりました。白髪のようにね。
マイナス42度も体験できたし、毎晩オーロラ見れましたし、適度にオーロラも暴れてくれたのもみれました。
 旅立つ直前そんな最中にウルトラマンスタンプラリーもしていたなんて、身軽ですね。ウルトラセブンが懐かしかった。
またよらせていただきます。
 
    (管理人) だんだ 拓哉さん

ご訪問&コメントありがとうございます.ほぼ2年ぶりですね (^.^)
この2年間でそれなりに更新ページが増えたんじゃないかと自負しています(笑).
ウユニ行ってきましたよ.
4000メートル近いところに連続して5日間くらい滞在するのでなかなかハードでした.
オーロラいいですね! 自分は未体験なのでいつかは行きたいと思ってるんですが,
寒い時期になるといつも南の方へ逃げてしまうものですから(笑).
マイナス40℃になると,例の濡れタオルを投げると,地面に着く前に凍るっている状況ですね.
ウルトラマンは期間限定だっだので,やらないわけにはいきませんでしたよ.
 

勉強になりました

 投稿者:里見こうき  投稿日:2015年 4月16日(木)22時40分45秒 KD036008183212.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。はじめまして。

ビザンチン帝国の歴史をとても楽しく、わかりやすく書かれていて
一気に読んでしまいました。

塩野さんのローマ人の物語を途中まで読んだのですが
しばらく中断していました。
ローマを中心に見るよりも
ビザンチン帝国の歴史を先に学んだほうが、
ヨーロッパや西アジアの歴史全体を
理解しやすいのではないかと思うくらいです。


私は共通一次世代で、
社会は2科目選択だったのですが
こういうのを高校生の頃に読んでいたら
世界史ももっとおもしろかったろうなあと思うと
残念です。(日本史と政経で受験しました)

話は変わりますが、コメント欄にある写真、
リグはTS-820ではなかろうかと思いましたが、どうでしょうね。
これも懐かしいですね。
私もやってましたよ。

大変充実したHPで出会えてよかったです。
これからもご活躍ください。

 
    (管理人) 里見こうき様

こんばんは,このたびはご訪問&コメントをいただきありがとうございます.
そして拙文を読んでくださり,さらには過分のお言葉恐縮です.
あのビザンチン帝国史の部分はこのホームページ中,
学生時代の話と並んで古いものなので(2006年に一部改訂はしてますが),
自分で見直しても恥ずかしい限りなんですが,あえてそのままにしています
(なので用語の一部が今風ではありません).

塩野七生さんのローマ人の物語は超大作ですから一気に読破は到底不可能でしょうね(笑).
ビザンチン史は中世ヨーロッパとイスラム世界の両方に絡む歴史なので
そこから学び始めると興味が増すかもしれません.

共通一次といえば自分もその世代ですが,私は社会科は世界史と倫社でした.
当時は英語が大の苦手だったので,貴重な得点源でしたね.

無線機の写真は私もまったく詳しくないので申し訳ありません(汗).
これからも遊びに来てください.
 

充実の学園生活

 投稿者:さとう たかふみメール  投稿日:2015年 4月13日(月)14時55分0秒 116-65-224-113.rev.home.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。私はビザ皇帝さんと同い年の自営業者です。貴HPとの出会いはちょっと変わっていました。5年前に親父が没っしましたが、その際郵便貯金・電話の権利の手続き等の変更においては、色々面倒でした。戸籍も戦前の古いものが必要になった為、北海道釧路市役所に何度か連絡をとってようやく取り寄せ、手続きは無事終わりました。手元に残った親父の戸籍謄本を見ていると、私の祖母の記載がありました。亡父は理由があって、生前自分の両親の話はほとんどしたことがなく、ただ「おふくろは八戸近辺の出だ…」ということのみを語った時がありました。ところが祖母の記載を見ていると、出身地は下北郡田名部となっており、私には思うところがありました。実は私もビザ皇帝さん同様、中学3年時に放映されていた大河ドラマ”獅子の時代”の大ファンでありました。「自分の祖母が斗南藩の土地の出だったとは…」、そう思うと随分忘れていた自分の先祖への思いが甦りました。「もしかしたら先祖は会津の人間で、あの厳しい下北の地へ出向かざるを得なかったのか…」 何も分かりませんが、嫁と老母・姉を連れてとりあえず会津へ出掛けました。そしてそのことを、埼玉県で警察官をしている親族の子に連絡をしてみました。(”子”といっても39歳の立派な警部補。でも弟みたいなものですからね…) 話を聴いた彼は、「斗南について参考になるHPがあります」と教えてくれたのですが、それこそが貴HPでした。歴史解説も大変ためになりましたが、他のコーナーも面白くて面白くて、大ファンになってしまいましたよ。(リヒター鑑賞会・市営地下鉄初乗りは最高ですね)東北大学辺りに行く人たちは当然優秀だけど、遊び方も知的でユニーク。あの当時成績不良で、昼間働き、名もない工業大学の二部に通学する身の私からすると、国立大学へ進んで、堅実ながら楽しみをもって頑張っている人たちが、同い年ながら眩しく見えて仕方なかったです。ビザ皇帝さんは文章も本当に凄いですね。愉快だが丁寧、分かりやすい。岩手では神童だったのでしょうね。これからもHP期待してます!  
    (管理人) さとう たかふみさん
このたびは掲示板への書き込みありがとうございます.
そして過分なお褒めの言葉,嬉しいやら恥ずかしいやらでございます.
ご先祖が斗南藩ゆかりの可能性があるんですね.
わたしも獅子の時代から斗南藩に興味を持った人間なので感慨深いです.
かつて斗南藩の歴史は取り上げられることも稀で知る人も少なかったんですが
2013年の八重の桜で関心を持ってくださる方も増えてきたんじゃないかと感じます.

>岩手では神童だったのでしょうね

とんでもない,どちらかというと素行の悪い生徒だったので先生方を困らせていたと思います(笑).
学生時代の記事も今から15年くらい前に書いたものなので読み返すと恥ずかしい限りなんですが
以前「恥ずかしいと感じるのは進歩した証し」といわれたのを思い出してそのままにしています.
このHPを喜んでいただけただけで望外な喜びです.
今後ともよろしくお願いします(親戚の警察官の方にもよろしくお伝えください).
 

お元気ですか?

 投稿者:浦本メール  投稿日:2015年 2月 8日(日)21時46分34秒 ZK234054.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  エンジェルフォールのツアーでごいっしょしました。現在も九州・熊本で教員を続けています。自分の写真(セスナの横で4WDの屋根に乗っているショット)を見つけて当時のことを懐かしく思い起こしています。世界のどこかで再会できますことを楽しみにしております。  
    (管理人) 浦本さん

このたびはご訪問およびコメントくださりありがとうございました.
エンジェルフォールのツアーから間もなく5年になるんですよね.
本当に世界のどこかでまたお会いできたら素晴らしいですね.
 

リンクのお知らせ

 投稿者:かおる  投稿日:2014年 9月27日(土)17時50分30秒 KD124213119073.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。はじめまして。
私は旅サイトを運営しておりますが、こちらのサイトには幕末のことを検索していてやってまいりました。
そしていろいろ拝見していたら、旅行記があり、しかもスピッツベルゲンという、かなりマニアックなところを旅していらっしゃるということに驚きました。
本日リンクを貼らせていただきましたので、そのご報告をさせていただきました。
差支えがあるようでしたらお知らせください。
いつでもリンクははずします。


http://tabitora.3.pro.tok2.com/

 
    (管理人) かおる様

ご訪問ありがとうございました.

>しかもスピッツベルゲンという、かなりマニアックなところを旅していらっしゃる

地の果てとか,すごい乾燥したところとか
そういう変わったところを好む性格なものですから(笑),
お気に召していただけたならうれしい限りです.
もちろんリンクは何の問題もありませんよ.
 

五戸 中ノ沢塾

 投稿者:F,Yメール  投稿日:2014年 7月27日(日)12時26分37秒 ZK049068.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  元 会津藩士であった、倉澤平冶右衛門や内藤介右衛門が、五戸村にて、塾を開講し藩士の子息や五戸村有志に教えていた。倉澤平冶右衛門の開いていた塾は、中ノ沢塾跡地として存在する。塾跡に建つ標柱には、江渡狄嶺(五戸生まれ)の筆にて“故儒翁倉澤先生弟子教育之跡”と書かれた。標注は、大正時代の物で、風化し判読しにくいです。
この投稿者 私は 中ノ沢の地に住んでいます。
 
    (管理人) 五戸 中ノ沢塾様

貴重な情報をありがとうございます.
昨年の大河ドラマ以来,斗南藩の歴史に
興味を持ってくださる方が増えたのはうれしいです.
 

いちょう食堂

 投稿者:秋ヒノ  投稿日:2014年 5月11日(日)09時13分55秒 nttkyo897027.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  非日常の世界を初めて覗いて見ましたら、あら懐かしいこと。私は昭和50年工学部入学で、片平のぼろ部室(今は林立するアンテナファームのサークル)で過ごすことが多かったものです。銀杏食堂や北門食堂懐かしいです。大体夕食はそこか裏を出たメルシーでポークピカタ、というのが定番でした。久しぶりにあの頃の光景を思い出しました。
 
    (管理人) 秋ヒノ様

ご訪問いただきありがとうございます 。
おおっ! 先輩でしたか、感激でございます。
片平のボロ部室群は老朽化に加えて震災で完全に無くなってしまいましたね。
メルシーはよく覚えています。一般食堂とは思えない安さだったと記憶しています。
ただ私の在学中に「めるし吉」という居酒屋に変わってしまい
以後はその隣にあった名月に乗り換えました。
昔の写真ありがとうございます。
 

参考にさせていただきました。

 投稿者:旅やメール  投稿日:2014年 3月 9日(日)14時18分43秒 em1-114-4-114.pool.e-mobile.ne.jp
返信・引用
  はじめまして。

記事を書くにあたり貴サイトを参考にさせていただきました。
詳しい情報があり助かりました。ありがとうございます。
もしリンクが不適でしたら教えてください。ただちに外すようにいたします。

http://jansin.blog105.fc2.com/blog-entry-297.html

 
    (管理人) 旅や様

ありがとうございます。全く問題ありませんよ (^.^)
 

/18