teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


聖者の葛藤

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 9月13日(火)15時27分35秒
返信・引用
  「私には自分のしていることがわかりません。なぜなら私は自分がしたいと思うことはせず、したくないことをしてしまうからです。もし、私がしたくないことをするなら、律法を善いものであることを認めます。もはや、したくないことをするのは私ではなく、私の中にある罪なのです。私は自分の肉体の中には何も良いものがないことを知っています。 正しいことをしたいという気持ちはあっても、できないのです。私は自分のしたいことをするのではなく、したくないことをしています。もし私が自分の望まないことをするなら、それは私の中にある罪のしわざなのです。私は自分がしたいことをしようとするとき、すぐに悪がやってくるという法則を発見しました。私は神の律法のうちに喜びを見出していますが、自分の奥底ではわたしの体の中には、別の法則があって心の法則と戦い、わたしを罪のとりこにしていることがわかります。私はなんと悲しい人間でしょう。だれが死に定められたこの肉体から救い出してくれるのでしょうか。」 (ローマの信徒への手紙7:15-24)

 すべて引用

況んや凡人の私をや
 
 

業務???連絡兼ホシュ

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 9月 7日(水)20時45分29秒
返信・引用
  金メダリストと、小生の記念写真撮影成功!! http://phelipe.blog69.fc2.com/




9時間前webからお気に入り返信削除
 

(無題)

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 8月 5日(金)07時22分7秒
返信・引用
  人生楽しんだ者勝ち!働いて、借金返して、儲けてチョット贅沢して、世間様にご迷惑かけないように、自分の稼いでいる範囲でいると、気分が楽だ。
 

老子

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 8月 4日(木)20時49分28秒
返信・引用
  最近、老子というか中道的な日常生活に埋没した日々です。  

(無題)

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 7月13日(水)12時01分33秒
返信・引用
  母が一泊二日で、姉のところに行った。今日は、1年か半年ぶりくらいに店休みにするかな^^すげー今リラックスして、煙草もコーヒーもいつもより減らせるかもしれない。でも、貧乏なので明日は営業するか^^;

母が出かけて困るのは、犬の世話と、店の売り上げWWW^^;
 

詐欺かもしれないガス点検

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 7月 4日(月)13時05分44秒
返信・引用
  今朝、店番してると店内につなぎのようなかっこうしている、強面のオッサンが入ってきた。
 一応客かもしれないので、いらっしゃいませと。
すると、ガスの点検に来たとのこと、母に取り次ごうにも、ちょっと店に出られないので、俺が応対。
 すると、ガスのことを聞いてきた。なんやかんや話しているうちに、家の中のコンロを見せろと、俺が急に来てそんなこと言われても困るといい、家の外の裏のボンベと、メーターを見せた。一応本物とこの時点では確信していたので、聞いたとおりコンロのメーターなどを答えておいた。
 店番があるので裏にその人を置いて出てくると、それっきり。
よく考えてみると、確かに身分証名証らしき物は付けていたが、市役所の人でもない限り、点検がどこの団体だかなんてしらない。
 どこの人だか名乗るわけでもなし、名前を言うわけでもなかった。
ゴム管に妙にこだわっていたので、おかしい可能性もあるので、市役所に聞いてみた。確かに4年に一度はあるとのこと、しかしゴム管が痛んでますなんて言って、交換して代金を請求できるわけだし。なんか怪しい強面のオッサンだったから、お年寄りなんかその手でだませるぞ。市もその辺に対応し切れていない様子。
 もし本物だとしても、あんな態度で来られるのは、仕事として間違っているだろう。
 母が出てきたので聞いてみたら、以前は取引業者の顔なじみの方が、連絡した上来たとのこと。うーん、どんなもんだろう。
 あやしい仕事で言えば、○武企画という、看板会社もおかしい、一応株式会社らしいが。
 看板に店を載せるので3000円くれという会社だ。
以前、私が応対したときは、今年のはもう作っちゃったというので、来年は作らないという口約束の元払った。すると、その次の年も同じ事を言ってるので、払わなかった。あれはおかしくないか。
 いつの間にかまた来て、俺がいないとき母が3000円ぐらいだからと払っちゃったみたいだがWWWあいつも、チョット強面のがたいのいい奴だ。
 ただ、思うにどうせ働くなら、本当に社会の発展に寄与したり、人を喜ばせる仕事がいいと思う。
 そんな、人を不快に感じさせて、生活するなんて人の道としてどんなもんか?
 そういや看板のオッサン、俺が断った年、車に乗るとき見えた表情が、死んでたね。それでも、それしか仕事ができないって言うのも、因果なモンだ。
 

(無題)

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 5月25日(水)17時26分51秒
返信・引用
   うーん、ボディブローのように景気の悪さが、影響してるのかなあ。
夜のバイトすると、遅く飯食って、リバウンドしちゃうし^^;
 二次災害は、日本国中に蔓延してるんだろうけど、こういうと三次産業は弱いね。
まあ、妻子抱えてるわけでもなし、両親と俺じゃなんとかなるだろう。
 本当、衣食住ことたりてるだけましな方か?
 夏休み売れるかなあ??
 

あるサイトのわたしのコメント

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 5月24日(火)19時15分49秒
返信・引用
  原発は、制御できないと、少なくとも日本国内では共通認識として普及して欲しいですね。
 以前は、反対することを職業にしているような方が運動していたようですが、今後は無党派層辺り中心に、真の意味でのエネルギー革命、新ライフスタイルに、移行して行くべく、投票行動などにも反映するようになっていけばと思います。
 行程表は、とりあえず国民を沈静化させるような行き当たりばったりの目標みたいのものと思うしかないですね。
 これだけのことが起きてもパニックが発生しない国家も、誇らしい反面珍しいですね。
 マスコミでは報道が少ないですが、渋谷や高円寺で一万人規模の運動も起きてますし。
 それと、地下水の問題ですが、老人決死隊というのが結成され、地下に鉄製のプレートを埋め込み、拡散を防いでいろようです。
 また、メルトダウンですが、恐怖をあおらせて申し訳ありませんが、チャイナシンドロームという映画に習えば、日本の裏側、アルゼンチン辺りに、マグマが達することになります。
 そうなると、地殻が壊れ、下手すりゃ、公転軌道がずれ地球は終わりです。
 本当に、為政者というか支配階級は無責任ですね。
 個人的には、この期に及んで、終末思想あたりで儲けようとする輩にだまされることなく生活していこうと思います。
 地球は、人間だけでは構成できません。人間だけのものと思うなら、驕りです。
 粛々と生きていきます。

 

働く絶対君主母親

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 5月23日(月)12時55分42秒
返信・引用
  2,3日前に、犬のカットをした。皆が、かわいいねえという中、知人の一人が母に、これから寒くなるから早いかもね的なことを言った。
 母はそれを受けて、息子の俺に、人付き合いで好かれるのは、あまり相手の言ったことを否定的に返答しないことだよ、あなたもそういう感じだからと、諭した??
 そして、今朝、散歩に母が行く前、俺が何気なくあの人の言ったとおりになっちゃたね、といったら、確かにそうだけど、やっぱり他人の言葉を否定的にどうたらこうたらと^^;
 ここで、俺が思ったのは、母こそ、ホントそうなっちゃったね、皮肉なモンだあははとか言うのが母の人の言うことに打て替えししない説、なら正解なのに、なんだか文句だか説教している。
 自分の説通り自分もしてないじゃん、なんて言ったら、1000倍くらいになって、お説教が始まるので言わないのだが・・・
 それと、母は直感的に物事を決めていって、議論という物も存在しない。
自分が絶対正しい、人生で間違ったことをしたことは一度もない的なことも言う。(なんかのコンプレックスの裏返しか?)果てには、自分が死んだら地球が爆発するような気がするなんていう^^;
 まあ、働き者で面倒見もよくて、良い面も多いのだが、なんつーか、話し合って、共同でうまく事を進めていこうと言うことがないので、結局議論が嫌いなのかもしれない。
 俺も、屁理屈ばかり言ってる最近の風潮もどうかと思うが、母とのコミュニケーションで楽しいと思ったことはない。
 俺も議論であっても、圧力であっても、一方的に人を追い詰める面は、そういう人を反面教師にしていこうなんて思った。
 

知り合いの生活保護

 投稿者:コーリン  投稿日:2011年 5月12日(木)20時30分7秒
返信・引用
   実は、以前近所で働いていた夫婦がおり、その子供が小さい時分から、店に遊びに来ていたりしていた、既知の家族がいる。
 昨年あたりから、日光も働き口が少なくなり、うちも新たな働き口を紹介して、ベッドメイキングやら、皿洗いなど、夫婦共稼ぎで、子供二人をけなげにも育て、暮らしていた家族だ。
 ただ、折しも震災ショック、日雇いの仕事も待機が多くなり、私が小遣いの中から、千円とか2千円とか、うちの売り上げが多いときなどに渡していたりもした。また、米など食料もあげたり、知り合いに古着を集めてもらっていたりもしたのだが、ダメ元で生活保護を請求させてみたら、有力者などの口添えもあったためか、このたび受給者となった。
 なんつーか、彼らは汗水垂らして、月10万も稼いでいなかったはずだ。
 それが、労せずいただけるとなると、今後の心配も残る。学のない夫婦なので、手続きなどお手伝いしたわけだが、さきほど小五の子供も加え、このお金は、働いて税金納めてる人から、いただいているものだ。そのことを忘れずにいて欲しいと役所が言えないことを一言加えておいた。特に子供には、本当に困っている人はもらっていい制度だけど、君が大きくなったら、世の中の役に立つ仕事をして、納税して助ける側になるようにと、説明しておいた。
 俺も、別段、高額納税者なわけでもないが、納税者の端くれとして、言うべきことは言っておいた。
 また、今、自分に仕事があり、働けて、いくらか社会の構成員として、発展に寄与できているとするなら、そのことに邁進していこうと心をあらたにした。そのことを、忘れないためにも記しておく。
 

レンタル掲示板
/17