teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


5月例会のお知らせ

 投稿者:POOH  投稿日:2017年 4月20日(木)10時45分22秒
  5月の例会についてお知らせします

 5月の交流センター会議室の予約は土日共に空きが無く取れませんでした
 なので次回の例会は6月になってしまいました

  6月4日(日) 第3会議室です

  よろしくお願いします。
 
 

Re:コンフェスト1フラップについて

 投稿者:蛇の目のケムンパス  投稿日:2017年 4月 9日(日)18時31分25秒
  Kaさんkarayaさん
改造の状況の記載記事及び大変クリアな主翼下部写真を紹介していただき、ありがとうございました。確かにフラップは固定されヒンジ類は撤去され本体との継ぎ目は板で塞いであるようです。大変参考になりました。

furaltupu

 

Re:コンクェストⅠのフラップについて

 投稿者:karaya  投稿日:2017年 4月 8日(土)05時56分11秒
編集済
  kaさん、シリウス会員 各位

コンクェストⅠのフラップについて、ネットで私も写真を検索してみたところ下記のブログにわりといい写真がありましたのでご紹介しておきます。

ラジコンが趣味の方が開設されている「空には夢がある」というブログの中に、博物館で撮影した飛行機の写真を多数アップされているのですが、その中にコンクェストⅠの写真が有りました。(画像をクリックし、表示された画像をさらにクリックすると大きな画像になります)
https://blogs.yahoo.co.jp/amsugi/36060694.html
このブログにはたくさんの海外の博物館で撮られたコンクェストⅠ以外の写真もアップされており、しかも鮮明な写真が多いので模型作りの参考になると思います。
 

コンクェストⅠのフラップについて

 投稿者:ka  投稿日:2017年 4月 4日(火)23時39分12秒
  ケムンパス様 シリウス会員様

 今日は、Kaです。
 3月の例会で、コンクェストⅠのフラップは固定されていたか?という話題が出ましたが、たまたまそれに関する記述を発見しましたので報告します。資料本は「世界の傑作機No.148グラマンF8Fベアキャット」です。P94に『フラップは固定され、フラップのヒンジも取り払われた。』とあります。
 余談ですが、世傑はベアキャットに関して私の知っている限りで3冊を出版しています。1冊目はNo.35の「グラマンF4F、F6F、F8F」です。ベアキャットレーサーについては数枚の写真とその説明が載っている程度ですが、ブルーエンジェルスのビートルボムの折り込み側面カラーイラストが印象的です。胴体側面にスモーク用のオイルパイプが貼りつけられているのがよく分かります。2冊目は、No.94「グラマンF7F/F8F」です。レーサーのカラー写真が多くなり、レーサー記事はコンクェストⅠに関する記事「レコードブレイカー・ベアキャット」とレーサーとして登場した12機+αの各機解説である「ベアキャット戦後の戦い」の2本が掲載されています。そして3冊目が、No.148「グラマンF8Fベアキャット」です。モノグラフだけにレーサーの写真が多少増えています。レーサー記事は「ベアキャット最後の闘い」と「レコードブレイカー・ベアキャット」で、残念ながらこの2本ともNo.94の記事とほぼ同じです。
 以上のことから、世傑からレーサーを作るためにベアキャットの本を1冊買うとすれば、最後に出たNo.148だと思います。
 

4月例会日

 投稿者:karaya  投稿日:2017年 4月 3日(月)18時31分43秒
編集済
  会長からEメールで案内がありましたが、メールを見られない方のために掲示板にも書いておきます。

4月の例会は  4月16日(日)13時~17時 醍醐交流会館 第3会議室です。

 

エアフィックス48マスタング&ミーティア情報ほか

 投稿者:karaya  投稿日:2017年 4月 2日(日)09時29分3秒
編集済
  マスタングとミーティアの情報です
https://www.airfix.com/uk-en/news/workbench/mustang-and-meteor-make-tracks/

72Me262の最新情報です
https://www.airfix.com/uk-en/news/workbench/hunting-the-stormbird/
 

長谷川迷人の飛燕の迷彩塗装テクニックほか

 投稿者:karaya  投稿日:2017年 2月26日(日)19時55分56秒
編集済
  今日の例会で話していた長谷川迷人の飛燕の迷彩塗装テクニックの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=n_9Id35wE5Q
使用塗料はクレオスのMr.カラーではなく、下地の銀はタミヤのスプレーカラー(ラッカー系)、まだら迷彩はタミヤカラー(アクリル系)を型紙を使ってエアブラシで塗る方法を中心に解説されています。
会員諸氏にはそれぞれやり方はあろうかと思いますが、缶スプレーの塗装方法のコツやタッチアップのやり方等、参考になると思います。

おまけ:海外モデラーによる同じくエアブラシによる飛燕の塗装動画です。迷彩は型紙を使わずにフリーハンドで塗ってますが自然な感じに塗れているのには感心しました。使用塗料はMr.カラーですが、レベリングシンナーで薄めて乾燥を遅らせているのが効いているのだと思います。KIWIさんも以前ドイツ機のインクスポット塗装にはレベリングシンナーを使うと言っておられましたね。
https://www.youtube.com/watch?v=GY5bniMFnpc
 

例会の欠席

 投稿者:吾助  投稿日:2017年 2月26日(日)08時46分13秒
  シリウスの皆さんこんにちは。吾助です。
今日は急な都合が出来、残念ですが例会は欠席させて頂きます。
皆さん、製作に励んでくださいね。
 

シリウス例会のお知らせ

 投稿者:POOH  投稿日:2017年 2月 1日(水)18時30分7秒
  2月と3月の例会の予約をしました。下記のとおりです。

2月の例会
   2月26日 第2会議室 受付の向かい

3月の例会
   3月19日 第3会議室

 2回分をまとめて予約しましたので、日付を間違わないようにご注意ください
 

P-26

 投稿者:アンクルジョー  投稿日:2017年 1月 1日(日)21時15分2秒
  kaさん永守さん。いろいろ情報いろいろ有り難うございました。とても参考になりました。セカエモンでも見つけましたが送料が半端ではありません。どうしょうかと思っています。日中戦の本を読むと国民党のP-26と九六艦戦とが空中戦をやったのが書いてありました。この二機を並べたら面白いかもと考えたのです。でもまだまだテーマ機は私の中では流動的です。
 

レンタル掲示板
/35