teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:東京ザ・ロープの30周年記念誌について

 投稿者:常石  投稿日:2005年 3月17日(木)09時43分23秒
  当会が昨年記念事業の一環として作成された資料に類似したものでしょうが日本語での資料の絶対数が少ない今日日、欲しいなと思いますし、当会の会員でも模型を作る会員はその相当数が欲しいと思うのではありませんか?
ザ・ロープの会員やベテランの方々は不要でしょうが、残りのメンバーの中で欲しいという「実需」の数量をはじき出すのは難しいですね。
救いは「限定数量の出版ではなく特別配布の数量が限定されている」と言うことだと思います。
一つの方法ですが
1,緊急で葉書を会員宛に発送する。回答期限は4月5日
2,葉書の実費、取り扱い費用として100円を特別価格に上乗せする(単価2600円)
3,購入を希望する会員はメールあるいは葉書で購入意志を事務局に伝える。
4,返事があったものについてのみ会として発注行為を行い、爾後のものについては市販品から購入してもらい、会として関与することはしない。
以上
 
 

Re:用語集の復刻について

 投稿者:常石  投稿日:2005年 3月17日(木)09時14分46秒
  小生はこの用語集を持っておりませんので復刻されるというのであれば諸手をあげて賛成し、購入致したく思います。価格については「妥当な価格で」としか言いようがありませんが趣味に関する物品の単価はある程度まではやむを得ないものと思います。
このような時に考えるのですが、コストと手間を考えれば「印刷」にとらわれることなく、CDに焼き付けて配布・販売という手段もあり得ると考えます。
 

Re:用語集の復刻

 投稿者:飯沢  投稿日:2005年 3月16日(水)23時06分33秒
  私は頂いて持っています。もっていなければ今回の企画で購入希望に手を上げたと思います。しかし、これは人それぞれの必要度によって見解は違うでしょうね。値段もせいぜい¥2000ぐらいが相場かなと思います。アンケートでも希望者がたまたま一人なので、復刻そのものを急ぐ必要はない様に思います。  

用語集の復刻について

 投稿者:山本メール  投稿日:2005年 3月15日(火)22時45分13秒
  3月の研究会で行ったアンケートによって用語集の要望があることがわかりました。現在在庫はないと理解しているので其の復刻を考えるべきではないかと考え各位のご協力をお願いします。資料の正しい名前は「木造帆船用語英和辞典」です。ザ。ロープの25周年記念誌(2000年)です
まずどのくらいの量を印刷する必要があるのかを考えたい。
ID番号何番以降の会員に配布されていないか、前回配布したときは希望者のみに有償で配布したように記憶しているが何割くらいが購入したか。
今の会員で購入希望者は何人いるか。
今後何年分くらいの在庫を持つか。
印刷部数と発行費用の予想を行い配布価格の予想と実需予想を立てる。
印刷方法と印刷部数を仮定して印刷費用を見積もる。
「費用は購入者が負担」を基本方針に検討する。
とりあえず幹事の中でお持ちになっていない方が何人いるか。購入希望者は何人いるか。いくらくらいなら買うか。適当な印刷と製本を引き受けてもらえそうな店を探す作業に取り組みたい。
これに関連する情報ご意見を戴きたい。
小生(山本)がスタートの舵取りをすることに問題はありませんか。
この情報交換システムの有効性を見るためにも具体的な課題を取り上げました。
原稿のデータは西明会長からメールで受け取り私がパソコンに所有しています。データはロータス123で作られています。
 

解決できたようです

 投稿者:飯沢  投稿日:2005年 3月13日(日)16時44分20秒
  ログインの不具合は、私のお知らせした対処方法でよかったようです。一件落着しました。

実はこのセキュリティシステムはもともと前の幹事会で要望のあった「会員用ページ」の作成用に検討したものです。
「一般には知られたくないが、かといって管理者(幹事)ほどの情報も支障がある」という、会にまつわる情報提供が会員ページのスタンスになります。また、後述の制約からすれば、「見た人はある種の特典が得られるが、見なかったからといって特別損をするわけではない」ということも言えるかと思います。
さて、どのような題材が、あるいは必要性があるでしょうか。
差し障りがないところでは、いま管理者ページにある、「会員名簿」「年間行事予定」、
一般のお知らせ欄の会員用行事案内、等。
検討を要するのは、研究会を基にしたTips集(ヒント、秘訣)、会員同士のQandA、
会員動向、などなどです。
掲示板では賛否決定は難しいと思いますので、先ずは個別の意見や、アイデアをフリーに出し合っては如何でしょうか。内容が充実したら幹事会の議題にして正式検討をすればよいと思います。
尚、現時点では、会員用といっても会員全員が利用できるわけではなく、したがって会員に対する情報発信の唯一無二の手段ではないという前提でご検討をお願いします。
 

パスワード

 投稿者:西明  投稿日:2005年 3月13日(日)13時54分58秒
  オートコンプリートの パスワードを保存する確認する にチェックを入れてOKとなりました。パスワードのオールクリアーはインターネットのパスワードもクリアーされると思い行いませんでした。HPではofficerの欄にポインターが点滅します。クリックするとofficerが現れポイントするとパスワードの***が出てログイン可能になります。  

管理者ページへのログイン

 投稿者:岡哲メール  投稿日:2005年 3月12日(土)19時24分53秒
  管理者ページへのログインについて、ご教示をいただきました。ありがとうございました。
ところが、なにもしないで開けたところ、IDもパスワードも独りでに入っていました。
 

HMSについて

 投稿者:西明  投稿日:2005年 3月11日(金)21時01分44秒
  HMSのSは船を示すシップと思っていました。新しい会員からこのSはシップ型帆装を示すのではないかとの提起がありました。その理由はカルダークラフトのキットにHM Brig Supply と言うのがありHM(His Majesty’s)の次には帆装形式を入れると解釈すると言うものです。
カルダークラフトのHPでは軍艦にはHMSを雑用船にはHMをつけています。ブリッグ型の軍艦にもHMSをつけています。また近代的な鋼鉄製の軍艦にもHMSをつけていますので、HMSのSは船を示すシップと言ったのですがなかなか納得を得られません。カルダークラフトは英国のキットメーカーです。 http://www.modelspot.com/cc/mars.htm を見て下さい。
 

旧HPの解約

 投稿者:飯沢  投稿日:2005年 3月10日(木)23時06分49秒
  西谷さん:日本丸はどうも勘違いだったようです。済みませんでした。

幹事会で了解を頂いてあったKDDIのWebサイト ysmc.gr.jpですが、新Webサイトが約半年を経過してだいぶ浸透したと思われますので、3月末を持って解約する旨の手続きをとりました。まだ、ここから切り替えて新ページを開いている方は新ページのアドレスをお気に入りに登録するなどして下さい。
 

日本丸

 投稿者:西谷  投稿日:2005年 3月10日(木)22時39分45秒
  飯沢さん研究会ダイジェストご苦労様です。
ところで日本丸はどこも怪我してませんよ。
 

レンタル掲示板
/11