teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


supaステキ★

 投稿者:lycheeメール  投稿日:2005年 7月26日(火)12時03分1秒
  TOKYO SUPA ORCHESTRA,いやぁ~気分爽快でした!!
初っ端Cジャムプルースから、元気な金管の音がそそるそそる。クリヤさんのピアノもパッションみなぎる圧巻プレイでした。あまりのすごさに、「ね、口あいてる」って友人に指摘されたほど・・・。私は立ち見でしたが、むしろ立ち見でよかった!ずっと踊っていられましたからね。後半になるにしたがってNHKスタジオが老若男女集うダンスホールに大変身。(こんなダンスホール見たの初めて)ボーカルブレンダさんはもとより、プレイヤーの方々も満面の笑顔で演奏なさっていて、それが会場に伝染しちゃったんですね。あれだけ観客の「相好を崩す」演奏が出来るなんて、、、。放送をしっかり録音して、落ち込んだときにはヘビーローテしようと思います。(あ、CD買えって?)
 もこしゃん、来週も行きますね♪お忙しい時期だとは思いますが、お体大事になさってください。
 
 

クリヤ・マコト Tokyo Supajazz Orchestra

 投稿者:KAZU  投稿日:2005年 7月25日(月)02時21分25秒
  クリヤ・マコト Tokyo Supajazz Orchestraの収録に参加させていただきました。
今回スタジオに入って驚いたのがPAスピーカの大きさ。
巨大スピーカを見た瞬間「いつものちいさめのスピーカと違うじゃん。今日はお祭りモード!」と思った次第。バンド側の持ち込み機材ですか? NHKさんの機材だったら次回も今回と同じ大きいスピーカでお願いしたいです(笑)
ピアノの調律師さんも前説開始ぎりぎりまで念入りに作業しており、スタッフの「本気モード」をひしひしと感じました。
演奏のほうですがクリヤさんの体格からは創造もつかない力強いピアノの旋律をリズムセクション、ホーンセクションが盛り立て、強力にブースト。
さらに、ブレンダ、ケイラブ、アージーの圧巻とも言えるソウルフルなボーカルとコーラスワークが加わり、505スタジオはオールスタンディング状態で前日の地震に負けんとばかりに老若男女が踊り揺れる(笑)
今日は椅子がなくても良かったかもしれない。
今回も収録に参加でき得しましたぁ!!
アンコール曲、放送で全部聴きたいです!
 

クロス・カウンター

 投稿者:冬ちゃんメール  投稿日:2005年 7月20日(水)20時09分42秒
  クロス・カウンターの収録に参加しました。2管によるボクシングの死闘のようなバトルを想像して収録に臨みましたが、CDではなくレコードのようなぬくもりを感じる、ほっこりとした感じの予想外の展開で、本当に心に沁みる感じで良かったです。またピアノレスの編成ということで、音の行間をじゅくりと聞くことができました。また、宮本さんと宮野さんのなにげない曲紹介もほんわかとして良かったです。アンコール曲も2曲サービスというサービス精神が、日野皓正さん譲りで嬉しかったので、夏のアンコール特集で是非2曲ともお願いします。  

初505

 投稿者:博くんメール  投稿日:2005年 7月18日(月)00時52分7秒
  こんばんは。
昨日の7/17公開収録に行ってきました。

今までJAZZの生演奏を聴いたのは、子供頃のどこかの野外JAZZフェスティバルで、15年ぶりくらいの生演奏でした。(しかもこんな間近で!)
番組自体は以前から聴いていたので、いつかは505スタジオで直に聴いてみたいと思っていたんですね。
念願かなっての初参加です☆
JAZZにはそんなに詳しいわけじゃないんですが、実際に聴いてみて、JAZZのもつ大人な雰囲気がとっても心地良かったです!
CROSS COUNTERの演奏、とっても引き込まれました。
初めての曲でしたが自然に体がリズムに乗って、大満足でした!!
僕の席は入り口近くの後ろの席でしたが、周りのお客さんはみんな体全体で演奏を楽しんでいるようでした。
すばらしいセッション、それを楽しむ会場の雰囲気、生のJAZZってこれ程までに素敵なものだとは…。
正直言って驚きました。
まだまだ入り口ですが、JAZZの魅力、ちょっとわかった気がします。
夢のような1時間、とっても楽しかったです。
もこさん、CROSS COUNTERの皆さん、スタッフの皆さん、どうもありがとうございました♪
帰宅したら早速7/31の収録の応募を書きました。
またスタジオに行きたいと思っています。

それと、もこさん、ヒル・アヴェ以来のご無沙汰でした。
毎週日曜夜はお耳にかかっていたんですが、実際にお会いでき、少しでしたがお話までできたのは、とっても嬉しかったです!
これからも素敵な放送期待しています。
もこさんの前説じゃないですが、梅雨明けがもうそこまで、いよいよ夏本番です。
どうか皆さんお体大切になさってください。
それではまた。。
 

臼庭 潤Jun’s Group

 投稿者:冬ちゃんメール  投稿日:2005年 7月13日(水)19時43分55秒
  臼庭 潤Jun’s Groupの収録に参加しました。前回のジャズ・ルーツでの出演の時も7月でしたが、ファンキーなジャズは真夏にはピッタリで、本当に体を揺らしたくなりました。臼庭さんのテナーサックスと佐野さんのトローンボーンの絡みあいは、曲紹介の時の話題なっていた脛毛か絡むという以上の壮絶な感じで素晴らしく、オリジナル曲中心でしたが楽しい50分間でした。前回の収録でも本田珠也さんとの仲良しぶりが紹介されていましたが、本当に気の合った仲間で、気に入った音楽を演奏されており、ミュージシャン全員が楽しくてしかたがないという印象を受けました。
アンコール曲の卒業写真等は、臼葉さんのキーボード、佐野さんのハーモニカでの演奏があり、滅多に聴くことができないと思いますので、夏のアンコール特集で是非お願いします。
 

つづらの あつし with Chia

 投稿者:KAZU  投稿日:2005年 7月13日(水)10時44分22秒
  7月3日収録のセッション505 (つづらのさん出演)に行きました。
つづらのさんの収録は前回に続いて2度目の参加でした。
セッション505の収録時は、いつも早目に並んで椅子に座るのですが、
今回は所用でスタジオ到着が16時50分になり、立ち席でした。
つづらのさんは相変わらず『すばらしい』演奏で楽しませていただきました。
なぜか今回、いつもの505スタジオの生音に感動しましたので報告いたします。

1)ピアノ
 いつものスタインウェイ?がどえらく良い音。
 やっぱビアノの西さんの演奏テクでしょうか。
 ごく普通の和音がきれいに混ざり大満足でした。
 西さんの今後のライブ・プレイに 注目してみようと思います。

2)PA
 ライブではミキサー卓の近くが音が良いとされていますが、今回は卓のそばでした。
 椅子席で聴くより立ち席で聴く方が音が抜ける感じでした。
 椅子席の場合、観客の体で音が遮蔽・反射・吸収し、影響があるのかもしれません。
 立ち席の人が少なかったので良い条件になったのでは?

今回は会場のPAミキサーさんと私の感性が見事にフィット!ミキサーさんにも注目してみようと思います。

オンエアが楽しみです。
 

ご指摘、痛み入ります...!

 投稿者:小川もこメール  投稿日:2005年 7月12日(火)01時05分6秒
  曰く「困難にあってもひるまず、くじけないこと。」
今、何かと身辺喧しい 貴乃花親方が 横綱になったとき、「不撓不屈の精神で相撲道に不惜身命を貫く」と口上を述べたのでした。
申し訳ありません。
ふとうふくつ が正解です。
これからは こんなことのないように、一意専心、堅忍不抜の精神で精進してまいらねば。。
漢字博士さん ありがとうございました。

http://djmoko.com/

 

アンコール特集

 投稿者:漢字博士  投稿日:2005年 7月11日(月)22時55分40秒
  ジャズには関係有りませんがちょっと気になったものでメールさせて頂きました。
先日のアンコール特集で大野俊三グループの時のコメントで「不撓不屈」の読み方を多分この字だと思いますが「ふぎょうふくつ」とお読みになっていましたね。間違っていたらゴメンナサイ。正確には「ふとうふくつ」です。
 

たなかりかグループ

 投稿者:ダイハードマン  投稿日:2005年 7月 8日(金)07時26分10秒
  たなか りか(vo)ちゃんトリオ、ようやく拝聴しました。
心地よい緊張感と共に、名曲の数々を歌いこなしていく。

石井彰(p)トリオの魅力もたっぷりに僕ら満員のお客さんを
楽しませてくれました。

凄い実力の持ち主で、これから益々楽しみです。

と思っていたら、もう来月8月12日に、横浜ドルフィーで
同じく関西で大人気の溝口恵美子ちゃん&たなかりかちゃん
夢のツインボーカルがあったりしますね。
たなかりかちゃん、横浜デビューナイトかな^^;

もこさんも番組終了後に話されてましたが、次の日13日には
関西出身のチャカこと安則眞実さん、オチジュンこと越智順子さんも
加わって、赤坂ビーフラットで豪華絢爛4人ボーカルもあるようで、
もの凄い楽しいライブとなりそうです。楽しみです。
 

つづらのあつしwith Chia

 投稿者:冬ちゃんメール  投稿日:2005年 7月 5日(火)19時35分51秒
  つづらのあつしwith Chiaの収録に参加しました。サックス四重奏でのバッハもアット驚く編曲のG線上のアリアから始まり、サックス四重奏でのChiaさんのボーカルと続き、最後はソリストが夫々爆発するセッションで終わるという、メニュー豊富でお得な収録した。漢字で黒葛野敦司と書くことをHPで初めて知りましたが、つづらのあつしさんのバリトンサックスの音色は奥深く、何時聴いてもゾクゾクする感じで最高ですね。それにChiaさんの衣装はラジオ収録には勿体ない天使の羽根つきの衣装で、しかもチャーミングで、しっとりした歌声は最高でした。BS放送での収録の復活が本当に待たれる1日でした。アンンコール曲のラヴ・フォー・セールは4管に負けないChiaさんの迫力ある歌声でしたので、是非夏のアンコール特集でお願いします。なお、7月24日のクリヤ・マコト Tokyo Supajazz Orchestraにつづらのあつしさんが出演されるとのことで、楽しみにしています。  

レンタル掲示板
/10