teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


寒風の中の釣り体験 民泊

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2019年 2月18日(月)10時14分35秒
返信・引用
  「寒風の中の釣り」
民泊初日。
朝9時に大観荘へお迎えに。
神奈川県藤沢市からの中学生。
本来は秋に来る予定だったが、
ドイツの貨物船の橋への衝突事故で日程変更をして来た生徒たち。

多くの学校が旅行先を変更した中で、
あえて日程変更してまで周防大島を選んでくれた。
それだけでも嬉しい。

さっそく顔を会わせる。
みんないい笑顔だ。
あいさつもひとりひとりきちんとして、
すがすがしい。
民泊を初めてもう10年近くなるかなあ。
この学校は毎年受けてきたが、
とりわけいい生徒たちばかり。

我が家に着いてさっそく釣り。
よりによって北の向かい風。
糸が煽られるし、
なんといってもガタガタ震えるほどの寒さ。
餌をつける手もかじかむ。
それに加えて長潮。
潮がさっぱり動かない。
魚は見えども知らんぷり。
文学者内村鑑三の有名な言葉
「死魚は流れのままに流されるが、活魚は流れに逆らって泳ぐ」のごとく、
潮が動かないと採餌本能は働かないのだ。
午前中はたったの3匹!(××)!。

昼食をとって気分を取り直して午後にトライと思いきや、
風はますます強くなり、
釣りは明日に持ち越して観光に。
道の駅でお土産を買い、
なぎさ水族館で遊び、
戦艦陸奥の引き上げ品を見学して帰宅。

晩ご飯の支度をしていると、

「松本さん、頭が痛くてとても寒いです」

と、奮えるか細い声。熱を測る7度6分。

「ありゃりゃ、こりゃしんどいねえ。ストーブの前に横になっちょきなさい」

役場の担当に電話。

「担当の先生と相談しますから、様子をみていてください」

しばらくして熱を測ると今度は8度6分。
再び担当から電話があり、
そのことを告げると病院に連れて行くことに。
しばらくすると担当課長が到着。
みんなで見送った。

ひとり抜けた食卓は少しさびしかった。
みんな心配なのだろう。
1時間ほどすると電話。

「インフルエンザではありませんでした。今夜は本部宿にて休みます。明日の朝の様子を観て、これからの判断をいたします」

そのことを生徒たちに告げると、
アー良かったと少し安堵した様子。

翌朝、少しは凪いだ。
さあ、きのうのリベンジだ。
これではおかずが乏しいとはっぱをかける。
ところが潮はさっぱり動かず。

昼前に引き上げようとすると役場の車から先生に連れられて、
病院に行った生徒が降りてきた。

「生徒がご心配をおかけしました。熱も下がり、体調も回復してきました。よろしくお願いします」

「それは良かったです。でも寒い中の釣りは無理ですかね!(^^)?」

すると先生が

「いえ、このこは釣りが好きなのです。ムリのようなら本人が言いますので、釣らせてやってください」

本人の顔をみると首を縦に小刻みに振って「大丈夫です」と。

「では、様子を観ながら午後も釣りをしますが、無理はさせませんので」

部屋に入るととたんに大騒ぎ。
みんな良かったね。

午後、フルメンバーでふたたび波止へ。
ところがアタリは散発。
午後3時前になるとひとりの生徒が「松本さん、温泉いきたい」と。
冷えた体をあっためるのもいいか。
みんなもそれがいいと。
そして遊湯ランドへ。
僕はその間に買い物。

風呂からあがったと電話があり、
迎えに行くとみんなきれいに茹であがっていた!(^^)!。

晩ご飯は、
きのう釣ったギザミと小メバルを合わせてもたったの9匹。
しかもほとんどはひとりの生徒が釣り上げたもの。
それはから揚げにして、
その彼に感謝していただきまーす。
他にはタコのオイル漬けとかから揚げとか、
にしてもちょいとショボイ!(××)!。

二日目の晩にみんなそろって嬉しかったのか、
遅くまでおしゃべりをしていたようだ。
こちらもそろそろ休もうかと思ったらひとりの生徒が部屋に入ってきた。

「あの、松本さん、ミスチルを聴いていいですか!(^^)?」

そうだった。
自己紹介カードにミスチルファンと書いてあった。
さっそく音響の配線をセットした。
重低音にびっくりしたようで2階からみんな降りてきて、
部屋はライブ会場と化した。

3日目の朝、
9時に集合なので朝食は7時半。
みんな揃った顔は眠そうだった。
体調を崩した生徒も顔色はよくてホッとした。

会場へ向かう途中、
片添えが浜で記念撮影。
ダッシュ島をバックにと思ったがアリャ、
ガスがかかってみえない!(××)!。

離村式会場に着くと、
口々に「寒かったのう。魚は食やせん」。
どこも同じだったようだが、
生徒たちの顔はみんな明るかった。
挨拶にたった女子生徒は涙ながらに
「この体験はこれからの学習に役立てます」と述べ、
大きな拍手に包まれた。

お別れ会も終了し、
受け入れ家庭のみんなが会場を出ようとしたとき、
「松本さーん」と大きな声が聞こえた。
振り返ると体調を崩した生徒だった。
他のみんなも手をしきりに振っていた。
こちらも返した。
「4人そろって良かったね」と心でつぶやいた。
関連ページ
 
 

2000年進水の最後の昭運丸

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2019年 2月 7日(木)09時30分12秒
返信・引用
  先日、大阪に住む同級生がひょっこり顔を出した。
平日でもあり、なんで!(^^)?

「アニキが脳梗塞で入院したんじゃ」

元気そうだったが、
いきなり来る病の怖さに唖然とした。
そういえばまわりにも脳梗塞で倒れた友人が増えた。
体つきから、ああやはりと思う人もいれば、
え‥なんで? という人もいる。

父が脳血栓で倒れたのは、
今から27年前の66歳。
脳の血管が詰まったのだ。
日頃から低血圧だと言っていた。
だから入浴は長湯をしないし、
寒い冬でも靴下を履かなかった。
高血圧の症状でもある脳溢血の心配はなかろうとタカとくくっていたら、
その逆に低血圧で血管が詰まるとは。

幸いにほとんど後遺症はなかったが、
漁に復帰できるまで回復するにはほぼ1年かかった。
それでも調子はイマイチ。
本品曰く、薬を飲むと調子が悪いと。
それから数年後、
本調子を取り戻したらしく、
今度は船を造りたいと言いだした。
73歳のときである。
父が申し訳なさそうに切り出した。

「船を造ろうと思うんじゃが、ええじゃろか?」
「好きにすりゃええが」

とそっけなく答えた。

その話はまたたくまに島中に知れ渡った。

「アンタはえらい。オヤジによう造らせた」

なんのことはない。
自分で稼いだ金をどう使おうか自分の勝って。

そして1年後、船は出来上がり、
フナダ(造船所)で船おろし(進水式)を迎えた。
写真がそのときのもの。
船はずいぶんと小さくなったが、
身の丈にあわせてそうしたのだという。
かつては島では一番大きな船だった。

記念写真を撮ったのは地家室の石井定さん。
船の前には漁師仲間が並んだ。
しかし、シャッターを切った石井さんも、
そして父以外の人もすでにこの世にはいない。

島の船おろしの際に流す曲は「軍艦マーチ」が恒例だった。
嫁が教育者であるのに義父が進軍ラッパを吹かすとは、
そりゃダメだと強引に反対し、
大漁唄い込みに切り替えた。

この日は今から19年前の2000年。
父の御年74歳。
父が造った新造船の台数はこれで14隻と、
島では群を抜く。
しかも、
小さなイサリ船や息子の僕用に造った船を入れたら17隻にもなるだろう。
それだけ稼いだのである。
そして、これが島で造られた最後の新造船となっている。

現在父はホームで暮らす。
昨今の記憶はほとんどなく、
ひたすら若いころの自慢話を繰り返す。
今もきっと記憶の中の波間に揺れながら、
鯛のふかせ釣りをいそしんでいるに違いない。
関連ページ
 

冬の民泊

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2019年 2月 3日(日)11時08分30秒
返信・引用
  埼玉県からの民泊高校生。
寒い中、3時過ぎから1時間ほどあまり釣り。
春や秋ほど魚が群れている訳ではありませんが、
メバルなどの雑魚が飽きない程度に釣れて、
楽しそうでした。

釣れた魚をシゴしてから揚げに。
タコのオリーブオイル漬けを一緒につくりました。
喜んで食べていました。
なんと超マンモス校で、
学年800人、
全校3,200人。
中高一貫校です。

頭の良い生徒さんでした。
ワラシの高校生時代は頭の酔い生徒でした!(^^;)!。
関連ページ
 

牡蠣のオリーブオイル漬け

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2019年 1月26日(土)10時26分32秒
返信・引用
  殻付き牡蠣が余ってしまった。
友人が牡蠣はオイル漬けが美味しいよと、
レシピを教えてくれて、
さっそく作りました。

下味は鯛をアラ炊きにした残汁で軽く煮て、
ニンニクと鷹の爪を入れてオリーブオイルに漬け込みました。

少し早いですがつまみ食いをしました。
別物のように美味しいです。

これは「My居酒屋かいて~~ん」の肴になります。
関連ページ
 

2019年謹賀新年

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2019年 1月 5日(土)11時19分55秒
返信・引用
  皆さん、
明けましておめでとうございます。

今年の初?みは、
年も新たにふさわしき、
周南市で文政2年創業の酒蔵「はつもみじ」の「原田」。
吟醸ではありませんが、
それ相当のキレが冴えています。

酒瓶のバックはQueenの日本公演が収録されたレアなアルバム。
昨年は映画ボヘミアン・
ラプソディーにしびれましたが、
この日本公演、
日本語で歌うシーンも収録されて、
抜群の歌のウマさにさらにしびれました。

大晦日は珍しく紅白歌合戦。
ワラクシとしては近年になく良かったんじゃないですかね。
特に印象に残ったのは林檎さんととエレカシの宮本くんコラボ。
特に宮本くんのパフォーマンスを観ながら、
アンタ日本のフレディー・マーキュリーじゃと思ったくらい。

米津玄師。
名前からして虚無僧姿でも出るのかと、
ベールに包まれた歌い手でしたが、
生ライブを初めてみました。
音がまったくぶれない(@_@;)。
こりゃ大物です。

やっぱ、
特別ゲストのユーミンとサザンは最高でしたね。
aikoのボロ泣きにこっちももらい泣きしたがな。

久々に登場した大ファンのいきものがかり。
ちょっとふっくらした吉岡きよえちゃん。
やっぱ歌うまい。
個人的にはエールを聴きたかった。
リーダーの水野くん、
ギターのキレが良かった。
ギターのホッチー、
ハモニカを聴きたかったんだけどね。

来年あたりは、
拓郎さんのライブと飛び入りの中島みゆきの、
「永遠のウソをついてくれ」なんか、
期待したいですね。

今年の抱負などはおいおいと!(^^;)!。
今年もよろしくお願い申し上げます!(^^)!
関連ページ
 

特養の父を面会に

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2019年 1月 4日(金)14時07分14秒
返信・引用
  【面会】
年末までに面会をと思って特養に顔を出した。
ついでに使わなくなった車イスやたくさんの肌着も引き取っていただいた。
とても喜んでくださった!(^^)!。
父はというと、部屋に入ると眠っていた。
着替えなどを引き出しに入れる音で目が覚めた。
ジッとみていた。
恐らく誰かわからないのであろう。

「ご飯はちゃんと食べちょる!(^^)?」
「ああ、食べよる。オイシイ」

小さな会話の途中、担当の職員が入ってきた。

「着替えとか持っていらしたんですか?」

「ここに持って来たのを入れておきました。
よろしくお願いします。
ところでひたいに絆創膏を貼ってありますが、
ぶつけたりしたんですか!(^^)?」

「それがわからないんです。
夜は自分でトイレに行くことがあって、
そのときにぶつけたんじゃないかと。
でも、たいした傷ではありません」

…そうか、自分でトイレに。
ちゃんと歩けるのだ。

「これ、お菓子なんですけど、
一度にやると一度に食べるので小分けしました。
あずかっていただいて、
いいですか!(^^)?」

「春久さん、お菓子いただきましたよー。
よかったですねー」

「ほーお、そりゃそりゃ」

…表情がパッと明るくなった。プ(●≧∪≦)

「またくるけんね」
廊下を歩きながら、職員と会話。
「僕は沖家室の町営住宅にすんでいるんですよ」
「ありゃ、そうですか。ウチは鯛の里です」
「知っていますよ。泊清寺にもよくいきますから」
「そうですか。前を通ったときはよってくださいね」
ここの職員さんはとても明るい。
声もよくかけてくださる。
人気の高い訳がわかる。

年が明けると父も93歳。
お迎えもそう遠い日ではなかろう。
来年はもう少し面会を増やそう。
お菓子でパッと明るくなった顔をみに。
関連ページ
 

新豆茶(はぶ茶・ケツメイシ)入荷

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2019年 1月 2日(水)12時40分27秒
返信・引用
  新豆茶(はぶ茶/ケツメイシ)が入荷。

さっそく炒りまーす。

予約を賜っております。

豆茶200gパック@350円+税=378円
<発送/送料込(クリックポスト185円)>
2パックセット941円
3   〃  1,319円
4   〃 1,697円

メールでご注文ください。
注文方法をご案内申し上げます!(^^)!。
shouji@d3.dion.ne.jp
有限会社 沖家室水産
関連ページ
 

Queenアルバム

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2018年12月 9日(日)10時54分49秒
返信・引用
  Queen 日本公演3本がセットになったちょっと変わったライブDVDです。
1979年武道館ライブは荒っけずりな演奏が面白いです。
客席から紙テープが飛ぶ時代です。

1982年西武スタジアムライブは、
フレディー・マーキュリーの髪が短くなり、
演奏も格段にレベルアップしています。
それに、映像も格段に良くなっています。

LPレコード「グレイテスト・ヒッツ」は痺れるほどのヒット曲集。

鯛の里に来たときどうぞ!(^^)!。

こうしてみると、
映画では一番似てなかったのがフレディー・マーキュリーかも!(^^;)!
関連ページ
 

車の12ボルト電源で炊飯器

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2018年12月 7日(金)11時33分7秒
返信・引用
  シガーソケット12ボルト電源の炊飯器。
さっそく試してみました。
今回は車じゃなくて、
ポータブルバッテリーを使ってみました。

2合まで炊けますが、
今回は1合。
セットした間に風呂へ入りましたから正確な時間は計っていませんが、
1時間以内で問題なく炊けました。
米粒も立っています。
熱源が弱いのか、
若干ふっくら感は落ちますが、
贅沢言わなければなんの問題もありません。

これ、2合の無洗米と、
2合炊用の炊込飯の素なんかだと水を加えればそれだけでOK、
即席の味噌汁なんか付ければ、
ドライブなんか楽しいでしょうね。

消費電力は約100ワット。
バッテリーの消費は、
5段階メモリの内、
1メモリ程度でした。3
回は炊けるんじゃないですかね。
ということで、
こりゃ災害現場でも使えますね。

以上、現場からショージがお伝えしました!(^^)!
関連ページ
 

新嘗祭@蛭子神社

 投稿者:鯛の里 松本  投稿日:2018年12月 6日(木)11時07分55秒
返信・引用
  新嘗祭(にいなめさい)@蛭子神社
関連ページ
 

レンタル掲示板
/80