teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:402/635 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: こちらの掲示板に出会えて

 投稿者:夏休みメール  投稿日:2006年 9月23日(土)22時11分33秒
  通報
  全くのボランティアで書き込んでおり、仕事にも結びつかない掲示板ですが、そのように感じていただいて、掲示板のやり甲斐があります。間違っていたら訂正を、とのことで、下記に記します。

対策としては、
「日常」
なるべく長袖、長ズボンをはく、色の明るい服を着る(上半身は白を多く着ています)、肌を出す個所は虫よけスプレー(ムヒ;ディート12g配合)を塗る(手に取って肌にまんべんなく塗っています)、両手はまめに見たり手の裏、表をこすり合わせ蚊が近寄れないようにする。

「家」
玄関、窓、他蚊が入りそうな所は蚊除けのゼリー状の物を置く(多大な効果は期待できませんが)、家の全網戸に‘網戸に虫来ない’という虫除けスプレーをまく、夕方から玄関にベープマットをたく、玄関の扉を開け閉めした際は、閉めた直後に扉の周囲に殺虫剤をまく。寝室には就寝1時間前にはベープマットをたいて就寝中はつけっ放しにしておく(窓を開けておらず密閉状態では一晩中の必要はないでしょう。人によってはのどが痛くなります)

「それでも蚊に刺されてしまった場合」
刺された日と次の日は薬を塗らず(個人的意見ですが、塗ると余計腫れあがるようなので)(これは思いこみでしょう。薬を塗っても塗らなくても腫れます。早く塗る方がどちらかと言えば良いでしょう)、アイスノンをハンカチでくるんだものを巻きつけ、ひたすら冷やす。24時間、外出先でもつけっ放し(早く腫れが引くようです)。日中は仕事等で無理な場合は、就寝中は必ず巻いて少し痛いくらいにぎんぎんに冷やす。刺された個所は、できれば心臓より高い位置にする。(かゆみがマシな気がします)痒くても絶対かかない。どうしてもと言う時は、爪でぐいぐい跡をつける癖をつければ(あまりやりすぎて傷つくのは良くありません)、寝ている間もかかないようになります。

入浴中は刺された個所をお風呂につけない。温まってかゆみが倍増します。冷たいシャワーをさっとかけ、タオルでこすらないように水をふき取る。
3日目からムヒクリームを塗って冷やす。腫れ、痒みが引くまで、例え引いても5日間は続ける。

いずれにしても、大きな問題となる行為はありませんので、自分自身がこれが良いと思う方法で対策をするのがよいでしょう。

http://mostop.co.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:402/635 《前のページ | 次のページ》
/635