teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:123/635 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

病気

 投稿者:夏休みメール  投稿日:2008年 7月15日(火)00時24分7秒
  通報
  そのような質問もありますので、調べまして、近日出版の本に書いたところです。つまり、前の人の血をわざわざ消化もせずに次の人の血の中に入れることは蚊にとって何の意味もなくありえません。口針についた血液も吸血後はきれいに掃除しており、人の注射針とはわけが違います。そこで問題なのは、唾液の中にウイルスや原虫、糸状虫が移動してくる場合です。日本脳炎やマラリア、フィラリアはこれが問題です。ところが、現在の日本ではいずれも皆無に近く、極めて感染の可能性は低いです。絶対ゼロではありませんが、毎年国内で10名以下といった数字で、むやみな心配は無用です。海外の蚊の唾液にはウイルスなどが含まれている可能性はあり、飛行機や渡り鳥を通じて、国内に侵入しないよう、検疫所の方は日々努力いただいています。

http://mostop.co.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:123/635 《前のページ | 次のページ》
/635